スウィープ奏法について

ギターテクニック〜スウィープ奏法編〜

 

 

スウィープについて

 

 

現在の速弾き系のギタリストにはなくてはならないテクニックのひとつですね。

 

スウィープの他にスウィープピッキングやスウィープアルペジオなどとも言ったりします。

 

イングウェイやスティーブヴァイなども速弾きの際によく使用しています。

 

速弾き時のスピードを加速させる手段の中でこれほどまでに効率の良いピッキングは他にないように思います。

 

コツさえつかめば比較的にやりやすいテクニックでもあります。使い勝手の良さと見た目の派手さを備えたナイスな技ですね。

 

スウィープの由来

 

 

ちなみに英語でスウィープとは‥SWEEP=「〔物の表面を〕掃く、払う」。といった意味です。

 

スウィープピッキングのやり方もその名の通り、ほうきで掃い〔SWEEP〕ているかのようなやり方をします。。

 

 

スウィープのやり方

 

 

3本弦スウィープピッキングの例

 

スティーブヴァイのファイヤーガーデン組曲ラスト風スウィープピッキング。

 

タブ譜

 

 

1

3弦20Fを押さえる。

 

 

3弦をダウンピッキング。

 

 

 

2

 

2弦19Fを押さえる。

 

2弦をダウンピッキング

 

 

3

 

1弦18Fを押さえる。

 

 

1弦をダウンピッキング。

 

 

 

4

 

1弦21Fを押さえる

 

1弦をアップピッキング

 

5

2弦19Fを押さえる。

 

 

2弦をアップピッキング

 

 

 

6

 

3弦17Fを押さえる。

 

 

3弦をアップピッキング

 

 

 

1〜6までの作業を繰り返します。ある程度スムーズに出来たら1〜6の作業を1フレーズとして1フレットずつずらして移動してみましょう。スティーブヴァイのファイヤーガーデンのラストソロっぽくなります!

 

 

※ピッキングについてははじいた時にピックが弦を滑って次の弦にぶつかって結果的に音が鳴ってるような感じです。弾くというよりかは滑らせてる感じに近いかな。連続ダウンピッキングはスケボーでガタガタと階段を強引に滑る感じを想像すると良いと思います。

 

 

スウィープテクニックに特化した教則DVD

 

ギターテクニックに特化したシリーズの手アップの”スウィープ版”DVDがありますので、スウィープ奏法のメカニズムをより知りたい方は、参考にしてみてください。