BOAの「WINTER LOVE」のギターソロについて

BOAの「WINTER LOVE」のギターソロを聴こう

 

 

このコーナーではJ−POPの気になるギターソロに注目して曲を紹介しています。

 

第一回はBOAの「WINTER LOVE」です。
BOA 「WINTER LOVE」〔2006/11/1発売〕

 

 

「♪あなたが好きで〜」とBOAの気持ちのこもった歌が印象的なバラード曲「WINTER LOVE」ですが意外にもギターソロが泣きギターだったのでここで紹介させて頂きます。

 

BOAの楽曲のギターパート&ライブをサポートしてるギタリストは結構巧みで心地良いギターソロを弾いていたりします。ぜひこの機会に聞いてみましょう!※名前は知りませんが‥
◇BOAの「WINTER LOVE」のギターソロ中盤4:04〜◇

 

 

3:37〜BOAの歌が徐々に感情的に盛り上がってきて間奏に繋ぐかのように歌はビブラートで流れてそれに代わってギターが入ってきます。この部分のギターソロは自分としてはめちゃめちゃおいしい部分でコード進行に沿って適当に弾いてるだけでもかなり気持ち良い。もうバックのコード感はシンセとかで出てるので、それを頼りにコードアウトしないように気をつけるだけであとはやりたい放題でもいい感じ。たまにこういうギターソロでライトハンド奏法とか入れてるギタリストとかいますね。

 

この「WINTER LOVE」のソロは実質30秒位しか無いけどここのギターソロの出来具合によってはヴォーカルを蹴ってしまう位のインパクトを残せるポジションでもあると思います。今回のソロも曲の雰囲気にあった素晴らしいソロです。

 

 

BOAの「WINTER LOVE」のギターソロテクニックPV版参照

 

 

4:04〜はじめはミュートを軽く掛けつつ歯切れよくコードトーンの上昇フレーズ。
4:16〜ダブルチョーキングでインパクト大。なかなか粋ですね。
4:22〜ペンタトニック発展形。
4:24〜チョーキングとタッピング組み合わせ。特殊奏法。
4:29〜ちょっとした速弾きフレーズ。
4:30〜ビブラートで終了。

 

全体的に組み立て方が凝ってます。

 

でも軽くミュートを掛けるあたりとフレーズとフレーズを繋ぐ際に細かいスウィープピッキング/エコノミーピッキングでのコードトーンを取り入れたりなど全体的にELTのギタリスト伊藤さんっぽい印象も受けます。

 

しかしチョーキングやビブラートの掛け具合から名前はわかりませんがこのギタリストもかなりのテクニシャンですね。泣き具合もGOOD!

 

 

BOAの「WINTER LOVE」ライブバージョンのギターソロについて

 

 

2007年1月17日に発売のBOAの最新アルバム「MADE IN TWENTY〔20〕」にこの「WINTER LOVE」のライブバージョンが収録されました。アルバムにはシングルバージョンとライブヴァージョンの両方が収録されています。

 

ライブヴァージョンのギターソロ部分の完成度は95%位。かなりアルバムの演奏を再現されています。気になった方はアルバムのライブヴァージョンの方もチェックしてみてください!ダブルチョーキングの部分は微妙でしたが‥タッピング&チョーキングのところもしっかりやっています。

 

BOAの歌もCDとそれほど変わりなく再現していてやっぱり歌上手いです。

 

ただこの曲気持ち込めすぎるあまり肩に力が入って歌っているときに爆笑の大田さんばりの猫背になってしまってるのがとても残念でした。「※HEY3ゲストの歌部分より」

 

BOAの公式ホームページへ←音出ます!

 

BoA - Winter Love LIVE

 

 

ライブヴァージョンのWINTER LOVEを発見しました!
ギターソロ完全再現で上手い!!

>>楽天市場の楽器屋

楽天の楽器コーナーでのギターの中古品が探せます!