ゲイリームーアの動画や音源を紹介!

ゲイリームーアの動画や音源を紹介!

 

ゲイリームーアのプロフィール

 

 

name/名前 gary moore/ゲイリームーア
born/生年月日 1952年4月4日〜2011年2月6日(享年58)
band/在籍バンド SKID ROW、 THIN LIZZY、
COLOSSEUM U
G−FORCE、BBM
guitar/使用ギター ギブソンレスポール、フェンダーストラト
style/ジャンル HR/HM、BLUES、JAZZ

 

 

 

ゲイリームーアについて

 

ゲイリームーアは北アイルランドの首都ベルファストから約30マイル南のブレイという小さな田舎町に5人兄弟の長男として生まれる‥

 

父親がクラブ経営の仕事をしていた関係で、幼くしてショービジネスおよび音楽に興味を持ち始めたゲイリーは、父親の勧めで7歳の時からピアノのレッスンを受ける。しかし4年目のある日、教師との衝突によってレッスンを放棄。ラジオから流れるシャドウズの曲に感銘を受け、エレクトリックギターに興味を持ち始める。この時はじめて手にしたギターはアコースティックギターで、シャドウズのコピーに励む。

 

14歳の時に父親から念願のエレクトリックギターを買い与えられ、ビートルズやローリングストーンズをカバーする初のバンド”THE BEAT BOYS"を結成。また、その頃より、ブルース色の強い音楽へ傾倒していき、エリッククラプトン、ピーターグリーン、ジェフベック、ジミヘンドリックスといったギタリストから強く影響を受けプロを目指すようになる。

 

そして、70年、北アイルランドのダブリンでカリスマ的人気を誇っていたロックトリオ”スキッドロウ”に交通事故で不在となっていたギタリストの後任として同メンバーのピーターグリーンから誘われて参加する。シングル「NEW FACES OLD PLACES」で正式デビューする。

 

その後、THIN LIZZYやCOLOSSEUMU、Gフォース、BBM等を経て現在はソロ活動中。※2011年2月6日休暇先のスペインのホテルにて亡くなる。

 

 

ゲイリームーアのギタープレイ&音楽

 

 

ブルースロックの泣きギターと言えばゲイリームーアです。彼のギタープレイからはフレーズ単位で哀愁を誘います。特にバラード系の曲の出来はほんと素晴らしいです。メロディを先に作って後からコードを付けた様な違和感のないギターソロがコード空間へ溶け込んでいきます。弾いているときの表情からも感情を込めているのがわかりますが、ギタープレイからはシンプルなメロディに感情によって付いた装飾音の数々が香りとして残ります。音の消え際も悲しいです。

 

 

ゲイリームーアのギターソロやテクニック

 

 

ビブラートを響かせるときに、演歌のこぶしに似た揺れのあるビブラートを付けています。ザックワイルドのようなワイドで激しい速い揺れというほどではありませんが、ビブラートのツボを押さえたしっかりした揺れです。直線の揺れではなく曲線ですね。哀愁さを出すには曲線の揺れが必須なのかもしれません。それとアーミングでのビブラートとも上手く使い分けて表情を出しています。哀愁さとは別に勢いを感じさせるパワフルなソロを弾ける一面もあります。

 

 

 

ゲイリームーアはこんな人におすすめ

 

 

  • ロック寄りのブルースプレイを堪能したい方
  • ペンタトニック系のネタを探している方
  • 哀愁のあるソロを弾きたい方
  • チョーキングを使ったパワフルなソロを弾きたい方
  • ブルースのノリを覚えたい方
  • ギターソロに酔いしれたい方

 

 

ゲイリームーアおすすめ動画ベスト4

 

4.Gary Moore - Red House (Hendrix Cover) - Wembley Arena 04


ジミヘンのレッドハウスのカバー!ブルースフレーズネタも拾えます!




3.Gary Moore - Oh Pretty Woman

コントラストのある掛け合い的なギターソロが聴けます。

チョーキングはパワフルですね。勢いあります!




2.Gary Moore-Over the hills and far away...live 1987

ジャッキーチェンが歌っててもよさそうな元気な曲。ギターソロは結構弾きまくっています。





1.still got the blues live

歌、ギターともに素晴らしい曲。間違いなくナンバー1!

チョーキング、ビブラートをはじめ基本テクニックをもう一度見直したくなります。




1.The Loner - Gary Moore (Live)


ゲイリーのインスト曲。これも半端なく泣きます!!ティッシュが必要かも。

 




 

ゲイリームーア関連サイト/音源や動画など

 

 

 

ゲイリームーアの使用機材(2001年当時)


 

使用機材 メーカー名 型番
ギター GIBSON 60’ ES−335TD/SV
GIBSON 59’ レスポールスタンダード
FENDER 60’ ストラト
GIBSON gary moore 使用年代ギター
CHARVEL
AMP/アンプヘッド マーシャル JCM2000/DSL(DUAL SUPERLEAD)
FEDER DUAL SHOWMAN REVERB
フットボード/足下
歪み系 IBANEZ TS10
歪み系 LINE6

DM4

 (RATモデリング/ CLASSIC DISTORTIONモード)

歪み系 マーシャル BB−2
歪み系 LOVETONE BROWN SOURCE
歪み系 DOD FX-69B/GRUNGE
空間系 IBANEZ PC10
ディレイ IBANEZ DDL20
チューナー ARION
ペダル系
ボリューム BOSS FV100
ワーミー DIGITECH XP300
ワウ VOX

 

ゲイリームーアの使用アンプJCM2000/DSL用セッティングツマミ

 

EQ リバーブ
プレゼンス 5
トレブル 7
ミドル 8.5
ベース 5
チャンネルA 3
チャンネルB 3
ウルトラゲイン(チャンネルA?) クラシックゲイン(チャンネルB?)
ボリューム 7
ゲイン 8
ボリューム 7
ゲイン 8

※アンプのセッティングはドライな状態を保ちつつメインはエフェクターで歪みを作っているようです。LINE6のモデリングとTS10あたりが歪み/サウンドのカギになると思います。