アンディティモンズの動画や音源について

アンディティモンズの動画や音源について

 

 

アンディティモンズのプロフィール

 

 

name/名前 andy timmons/アンディティモンズ
born/生年月日 1963年7月26日
band/在籍バンド dangerdanger/デンジャーデンジャー
guitar/使用ギター Ibanez
style/ジャンル HR/HM Blues Jazz
comment/コメント

 

アンディティモンズについて

 

 

アリゾナ州生まれ、その後インディアナ州に移る。

 

アンディティモンズは4人兄弟の末っ子ということで兄達の弾くギターに触れているうちに自然にギターを弾き始める。

 

※きっかけはビートルズの”I SAW HER STANDING THERE”を聴かされてギターソロにのめり込んだためという。

 

16歳になると学校でバンドを始め、KISSやテッドニュージェント等をカバーするようになる。それと同じくして地元ジャズ講師からレッスンを受け始め、そこでコード理論や読譜などを学ぶ。大学に進むとクラシックギターやジャズに関する理論なども習得する。

 

その後ジャズ系の影響を受けたメンバーのハードロックバンド「BRINKER」に加入、脱退後ギターメーカー「KRAMER」と契約を結びその縁からデンジャーデンジャーに加入することになる。

 

デンジャーデンジャーでアルバムを数枚出したがバンドが上手くいかず結局脱退し、セッションギタリストの道へ。ラジオやテレビの仕事などで生計を立てる。

 

95年初のソロアルバム「EAR X−TACY」をリリース後も数々のアルバムに参加したりアーティストのプロデュースなどを経て現在に至る。

 

 

アンディティモンズの音楽性

 

 

ブルースにはじまりハードロックからジャズ、フュージョン、カントリーまで幅広い。どれが主戦場なのかわからない位どれも嵌っています。とにかくメロディーが口ずさめるようなポップでノリの良い音楽が特徴。どんなジャンルでも自分流に弾きこなすあたりの洗練さはジャズやブルースといった経験の影響が大きいですね。

 

ギターインストミュージックとしてもポップな曲から哀愁のある曲まであり、テレビの挿入音楽としても度々流れていて聴くことができます。

 

 

アンディティモンズのプレイ

 

 

一応速弾き系のギタリスト。イングウェイのそれとは違った速弾きスタイルなので判断は難しいですが、弾きまくったら半端なく速いのは映像を見ればすぐわかります。さらに正確性/安定度の面でも抜群です。アクセントやピッキングダイナミクスの掛け方それと独特の粘っこさに特徴があります。ま〜とにかく上手いです〔笑〕

 

 

アンディティモンズはこんな人向き

 

  • ギターが上手くなりたい方
  • ギターインストが好きな方
  • ペンタトニックスケールから卒業したい方
  • 哀愁のあるギターが聴きたい方
  • 泣きチョーキングを聴きたい方
  • ギターバカテク好きの方

 

 

アンディティモンズおすすめ動画ベスト3

 

3.Andy Timmons- Cry For you


アンディティモンズといえば「Cry For you」。哀愁のピッキングダイナミクスを存分に感じてください。

表現の幅&安定感は凄い。ギターも泣きます。




2.Andy Timmons - Farmer Sez (LIVE)

簡単に弾いているけどめちゃめちゃ難易度の高いカントリー調の激しい曲。

途中からさらにテンポアップでギターキッズよ、さようなら!!




1.Groove or Die by Andy Timmons

速弾き&スウィープが満載。「イングウェイのフォロワーの挑戦者求む。」のような曲。

速すぎて何を弾いているのかよくわからないが、とりあえずかっこいい。

超絶ギターバカとしては一度はチャレンジするが、結局到達できず遭難してしまう悲しい山(笑)




おまけ.Andy Timmons SUPER70’S


ヤングギターのデモンストレーション映像!




おまけ2.Andy Timmons - Little Wing


アンディ版リトルウィング!この曲をカバーしてこそ‥




おまけ3.Andy Timmons - Electric Gypsy


和音を巧みに使ったアプローチとノリで哀愁を出す!

タップハーモニクスも使いかなり深い味わいになっております!

クライフォー〜と並びアンディの名曲です!アンディはピッキングダイナミクスに尽きる!




おまけ4.Andy Timmons - Gone


アンディのエレクトリックジプシー系バラードの新曲。この曲も哀愁が堪りませんね^^




 

アンディティモンズ関連サイト/音源など

 

 

 

 

アンディティモンズの使用機材

使用機材 メーカー名 型番
ギター IBANEZ(アイバニーズ) ATM300
AMP/アンプ MESA BOOGIE(メサブギー) LONE STAR HEAD(MASTER用)
MESA BOOGIE(メサブギー) SILETTO DEUCE HEAD(SLAVE用)
ラックマルチ/リヴァーブ TCエレクトロニクス G−FORCE
フットコントローラー DIGITAL MUSIC CORP GCX
MIDIフットコントローラー DIGITAL MUSIC CORP GROUND CONTROL PRO
コンパクト/オーヴァードライブ TUBE WORKS TUBE DRIVER
コンパクト/コンプレッサー CARL MATIN/カールマーティン  COMPRESSOR/LIMITER
フットボード/足下
コンパクト/オーヴァードライブ IBANEZ/アイバニーズ TS−808
コンパクト/ファズ ROGER MAYER/ロジャーメイヤー OCTAVIA
コンパクト/ブースター EXOTIC/エキゾティックブースター BB−PREAMP
チューナー PETERSON/ピーターソン VS−S
ループコントローラー RADIAL/ラディアル LOOPBONE
ペダル系 FULLTONE/フルトーン(ワウ) CLYDE DELUXE

※アンプ2台をそれぞれステレオで使用しています。アンプ(MASTER用)のセッティングは中域のみ7で他は3程度、トーンは7〜8。歪はコンパクトで足して作っている感じです。ちなみにチューナー(ピーターソン)はスティーブヴァイと同じモノ、チューブワークスのオーヴァードライブはエリックジョンソンと同じモノを使用しています。
 

 

Guitarist album/ギタリスト関連作品

ギタリスト作品紹介

 

アルバム名/That Was Then, This Is Now /アンディティモンズ 〔2002年〕
過去のアルバム「エクスタシー1と2」に収録されてる曲を中心に集めて、さらに新曲も加えたアンディティモンズのギターインストのベストアルバム的な作品。

中身はインスト曲が大半を占める内容で〔ラストだけ歌モノ〕アンディのギターテクニックをこれでもかと堪能できるアルバムです。


アンディ初心者にはこれから聞くといいかもしれません。


おすすめ度★★★★☆


title/タイトル point/ギターフレーズ解析
1. Super 70s ヤングギターにタブ譜掲載済み。3;23〜タッピング使用ノリの良い曲。ギターインストモノでは取り組みやすい
2. Pink Champagne Sparkle 2;31〜ナイスな上昇フレーズ2;53〜アンディ手癖フレーズ
3. Falling Down 泣きギターが心地よい曲1;14〜、2;35〜ナイスな上昇フレーズ3;20〜ワウ炸裂〜。
4. Beautiful Strange イントロは中東風スケール1;39〜?指弾き?。3;18チョキング?多様
5. Turn Away 1;23〜怒涛のスウィープ?連打。2;18〜不思議なタッピング。3;46〜ペンタ速過ぎ。
6. I Remember Stevie 2;33〜曲調がブルースへ。スティーヴィーレイボーン風ソロが聴けます。
7. Cry For You 泣きギター炸裂。この曲は別のアルバムに収録のライブバージョンの方をおすすめします。ライブは泣きが違います
8. Farmer Sez カントリー。クリーントーンで凄すぎ。曲調とは関係なく難易度ウルトラ級。。
9. Electric Gypsy これも泣き系。0;41〜タッピングハーモニクス?多様
10. Its Getting Better イントロ指弾き?1;28〜ナイスな上昇フレーズ2;22〜ジャジーなスケールアウト系ソロ
11. That Was Then, This Is Now これもイントロ指弾きっぽい1;14〜メロディとアクセントが絶妙。3;21〜スウイープ?
12. Groove Or Die アンディがイングウェイに挑戦?。これも難易度ウルトラ級。コピーは不可ですスウイープ、速弾きが超人レベル。
13. A Night To Remember これも泣き系。3;50〜長めフレーズ4:42〜怒涛のフルピッキング
14. Carpe Diem 0:58〜タッピングで弾きまくり。3;42〜テンポアップでまた弾きまくり
15. Donna Lee (Twist  Live!) ジャズサックス奏者チャーリーパーカーのナンバーをサーフミュージック風にアレンジスケールアウトしまくりです。しかし外し方は絶妙。
16. Slip Away (Dedicated To George

Harrison)

アンディが亡きジョージハリスンのために歌います。途中のギターソロもめちゃめちゃ泣いてます。ギターの音色も心地よい。

 

 

>>楽天市場の楽器屋

楽天の楽器コーナーでのギターの中古品が探せます!