スタンリージョーダンの動画や音源について

スタンリージョーダンの動画や音源について

 

 

スタンリージョーダンのプロフィール

 

 

name/名前 stanley jordan/
スタンリージョーダン
born/生年月日 1959年7月31日
band/在籍バンド ?
guitar/使用ギター IBANEZ ロードスター
style/ジャンル JAZZ

 

 

スタンリージョーダンのバイオグラフィについて

 

 

スタンリージョーダンは米イリノイ州シカゴにて生まれる‥

 

6歳からピアノをはじめ、11歳の時にギターに持ち替えると、ビートルズやレッドツェッペリン等のロックを聴く一方でジャズにも夢中になり、13歳の時にアートタイムのピアノをギターに置き換えて弾こうとトライした結果、独自のタッピング奏法を編み出す。その後、プリンストン大学にて音楽理論を学んだ後、ストリートミュージシャンをしながら、82年に自主制作による「TOUCH SENSITIVE」でデビュー。

 

その才能が認められると、85年にはジャズの名門ブルーノートレーベルからアルバム「MAGIC TOUCH」をリリース。ビートルズやジミヘンドリックス等の曲をジャズ風にアレンジしたりと独自の両手タッピング奏法を生かしたスタイルでトップギタリストの仲間入りになる。

 

現在は地道にライブ活動や音楽によるセラピーの研究にも携わるなどマイペースな活動をしている。

 

 

スタンリージョーダンのギタープレイ&音楽

 

 

ピアノ曲をギターに置き換えることで両手タッピング奏法を極めたギタリスト。これまでのタッピング奏法はテクニックとしての付加価値として使われているのが普通でしたが、スタンリージョーダンのタッピングはバッキング(左手)、ソロ(右手タッピング)と完全に独立した奏法。スタンダードジャズや有名な楽曲を両手タッピングにアレンジしています。ギタータッピングの世界を極めたい方は一度この世界を聞いてみることをおすすめします。

 

この両手タッピング奏法を極めることでバッキングとメロディを一人で奏でられるのがメリットにありますが、逆にメロディをすべてタッピングで弾くということで、ギターの強みのピックや指弾きによるアタック感やニュアンス部分の表現に少し制限が出るような感じもします。ただここまで奏法を極めてしまう忍耐力やアイデアには感服です。メロディ弾きながらバッキングも普通にキメてますからね。

 

 

スタンリージョーダンはこんな人におすすめ

 

 

  • 両手タッピングを極めたい方
  • ジャズアレンジに挑戦したい方
  • ピアノが買えない夢見るギタリストの方
  • ギターバカテク好きな方

 

 

スタンリージョーダンのおすすめ動画ベスト5

 

 

5.Stanley Jordan plays Mozart


キコルーレイロも両手タップで話題になってますが、やはりこちらの本家は違います。





4.Stanley Jordan plays "Eleanor Rigby"

押尾コータローばりの開放弦+αのアレンジ。





3.Stanley Jordan plays "Cousin Mary"


両手タッピングでジャズを弾く。




2.Stanley Jordan plays "Stairway to Heaven"


ツェッペリンの天国への階段を両手タッピングアレンジでお楽しみください!





1.Stanley Jordan plays "Autumn Leaves"

往年のスタンダードジャズをお楽しみください。この曲は良い!!





おまけ1.Stanley Jordan - Amazing Guitar Tapping (jazz) on letterman

コレも良い!!バンドサウンドでスタンリージョーダン!




 

スタンリージョーダン関連サイト/音源や動画など

 

 

スタンリージョーダンの使用機材(探索中)

 

使用機材 メーカー名 型番
エレキギター IBANEZ
アンプ



エフェクター

ワウペダル

>>楽天市場の楽器屋

楽天の楽器コーナーでのギターの中古品が探せます!