jon finn|ジョンフィンの動画や音源を紹介!

jon finn|ジョンフィンの動画や音源を紹介!

 

 

ジョンフィンのプロフィール

 

 

name/名前 jon finn/ジョン フィン
born/生年月日 1958年?月??日
band/在籍バンド jonn finn group
guitar/使用ギター ?
style/ジャンル ロック/フュージョン

 

 

jon finnについて

 

jon finnはアメリカにて生まれる‥

 

jon finnはウェストウッドにて育ち、6歳からギターを弾き始める。14才でSteve Carro (ボーカル), Bob Shain (キーボード), Greg Buckingham (ドラム)というメンバーのバンド「the group Cheap Thrills」でプレイする。その後バークリーに入学するが、88年には教師としてバークリー音楽院に携わるようになるほど腕を上げます。また、ギター関連の書籍を3冊出すとともに、guitar誌のインストラクターとしてコラムを3年間務めています。(※ウィキペディアを参照)

 

 

jon finnの特徴&ギタープレイ

 

 

オールラウンドでキャッチーな速弾きギタリスト。カントリー、ロック、ジャズフュージョン‥などなどかなり様々なジャンルを弾き分けますが、jon finnの持ち味は、速弾きやメロディがキャッチーで凄く印象に残るところでしょう。それと速弾きのラインもイングウェイ系とは一味違うため、コピーすると手癖の幅が広がります。おすすめはアルバムDon't Look So Serious に収録の「The Industrial Strengt Hoedown Extravaganza」という曲。元々ある曲をギターアレンジした曲らしいのですが、基本的にフルピッキングで押し通していて、右手と左手のエクササイズに持ってこいの曲です。ユーチューブでも一人だけがんばってカバーされている人がいましたがかなり苦戦されているといった感じです。挑戦したい方はそちらも参考にしてみると良いでしょう。※一応動画コーナーに紹介しています。腱鞘炎にならない程度にがんばりましょう。(笑)

 

 

 

jon finnはこんな人におすすめ

 

 

  • ちょと変わった速弾きラインを堪能したい方
  • 両手タッピングをやりたい方
  • 音程差のあるギターソロを弾きたい方

 

 

jon finnのおすすめ動画ベスト

 

Jon Finn from Jemfest 2003 Clip #1

歯切れの良いリフとキャッチーなソロが楽しめる曲。




Jon Finn from Jemfest 2003 Clip #2


キコっぽい両手タッピングが楽しめる。




Jon Finn from Jemfest 2003 Clip #3


この曲もかなりメロディはキャッチーですね。




Jon Finn from Jemfest 2003 Clip #4


ラストのスタッカート気味のタッピングフレーズは良いですね。




Jon Finn from Jemfest 2003 Clip #5


音程差のあるフレーズが楽しめます。



 

 

Jon Finn from Jemfest 2003 Clip #6


ミドルテンポでのギターソロ。




General Sense of Well-Being (Jon Finn Group Live)


曲全体としての完成度が高いためか、2:00〜2:40あたりがアドリブギターソロっぽいのですが

その部分だけのギターソロのグレードがかなり落ちているように感じます。




Outdrive


ジョンフィングループでの演奏。1:04〜ディスイズジョンフィンという雰囲気が味わえます。




Rock Jam in D


ジョンフィングループでの演奏パート2。




おまけ.JON FINN - Industrial Strengt Hoedown Extravaganza



ジョンフィンをコピーしよう!この曲はかなりの難曲です。まさに”速弾き挑戦者求む”の曲ですね。

ジョンフィン自身の演奏はCDを参考にしてください!





jon finn関連サイト/音源や動画など



jon finnの使用機材(探索中)


使用機材 メーカー名 型番
エレキギター IBANEZ カスタム
>>楽天市場の楽器屋

楽天の楽器コーナーでのギターの中古品が探せます!