カッティング奏法について

ギターテクニック〜カッティング奏法編〜

 

 

カッティングについて

 

 

カッティングとはコードストローク中に意図的に弦の振動を止めて音を切るテクニックです。

 

自分的にはアースウインド & ファイアーなどのディスコ/ダンス系ミュージックのバッキングでよく使われるテクニックという印象が強いです。

 

カツカツと音を区切って打楽器っぽい雰囲気が印象的ですね。

 

カッティングはコード音+リズムのノリを同時に出せる点でファンク系にも欠かせないテクニックでもあり、ストロークの難しさとともにリズム感/グルーブ感を如何に出せるかがこのテクニックのポイントです。。

 

参考ギタリストとしてはスティーヴィーサラス、アルマッケイ〔アースウインド&ファイアー〕、ヌーノベッテンコートなどがノリの部分で特出してるように思います。

 

 

カッティングのやり方

 

 

ここではアルマッケイ風1本弦カッティングをご紹介します。

 

3弦5フレットをカッティングします。

 

カッティング/ミュートオン〔左手〕

 

人差し指で3弦5Fを軽く押さえます。

 

それ以外の弦はすべて指の腹などを使って、音が鳴らないようにミュートしておきます。

 

この状態ですべての弦をストローク/ピッキングしても音がカツカツとしか鳴らなければ成功です。

 

 

カッティング/ミュートオフ〔左手〕

 

人差し指に力を入れて3弦5Fをしっかり押さえます。

 

それ以外の弦はすべて指の腹を使って音が鳴らないように軽く弦に触れておきます。

 

この状態ですべての弦をストローク/ピッキングした時に3弦5Fの音だけが鳴れば成功です。

 

 

このやり方で1本弦のカッティングから始めて鳴らす弦の数を一本ずつ増やしていけば、いきなりコードカッティングをやるよりは左手のテクニックに関してはコツがつかみ易いと思います。

 

※ピッキングに関しては弦全体をストロークしても良いですし、軽く手の腹でミュートさせて1本弦/鳴らす弦のみをピッキングしてもどちらでも良いです。しかしストロークせずに1本のみをピッキングする方がアルマッケイっぽいです。もし全弦をストロークする際は鳴らす弦を意識してやりましょう。

 

 

 

 

 

 

>>楽天市場の楽器屋

楽天の楽器コーナーでのギターの中古品が探せます!