ギターアイドル2009ファイナルの動画

ギターアイドル2009ファイナルの動画

 

 

こちらでは、去年に引き続き、ある一部にのみ熱狂的人気?の変態ギタリスト注目のギターインストイベント「ギターアイドル」の第二回「ギターアイドル2009」のイベント決勝(ファイナル)の動画を集めて紹介していきます。

 

今回も前回の「ギターアイドル2008」同様、イギリスのロンドンにて事前審査に通過したファイナリスト12名(※前回より2名増えた?)が演奏を披露したようです。

 

今年の2009年も相変わらず、どこに身を隠していたのか、新たな超絶テクニックを持つ変態ギタリスト達が大集結しています。ちなみに2008年の前大会に出場していたギタリストの中からも3人がエントリーされています。

 

今回はオープニングアクト?の動画が見つからなかったので、早速本編の模様をどうぞ。

 

 

 

決勝に進んだ12人のファイナリストの映像

 

※記載されている数字については管理上の問題で演奏や順番との関係はありません。また今回の”ギターアイドル2009”(guitar idol 2009)より迫力あるワイド画面になっています。

 

1.Daniele Gottardo - Cardiology


前大会2008にも出場しているDaniele Gottardo氏。私のお気に入りでもあります。

さすがに今回も途中に大スウィープ+ターピングの見せ場ソロを設けています。





2.Andras Palfi (Bande) - Cutting Edge


ストレートなリフから始まり、終始弾きまくりです。





3.Damjan Pejcinoski - Give Me the Groove


マケドニア出身のギタリスト。この人はグレッグハウの路線ですね。

音程差のあるメロディ+スライド(グリッサンド)が巧みです。※ノイズ防止バンド付けてますね。





4.George Marios - First Look at the Sky


イギリス出身のGeorge Marios氏。ヨーロッパの踊りとかある宴会のバックで流れていそうな民族音楽風なスケールが聞けます。

元々はバイオリンやアコーディオンが担当しそうなメロディラインを強引にギターで弾くといった感じでしょうか。





5.Jack Thammarat - On The Way


ブルースジャムトラックスの凄腕ギタリストのページでお馴染みのタイ出身のJack Thammarat氏。

ジョーサトリアーニ、アンディティモンズの影響もありギターインストとしての曲のキャッチーさは他を圧倒。マイスペースもおすすめ。




 

6.Hedras Ramos - Insanity of the Atoms


こちらもブルースジャムトラックスのページでお馴染みのHedras Ramos氏。

ヘビーなリフと音程差のあるフレ−ズがライブでもそのまま味わえます。Daniele Gottardo氏同様ノイズ防止バンドを使用。





7.Daniel Realpe - Enlightening Discussion


シンプルなスリーコードの曲と思いきや途中からタッピング、スウィープ技ありの超絶ソロが炸裂。

今回唯一の7弦ギターですね。





8.Ozielzinho - Argos


ヴィニームーア的な正統派?な速弾きギターインストが聞けるブラジル出身のギタリスト。

他の出演者に比べ(バッキングを足してるため)曲に厚みがあります。





9.Silvio Gazquez - Summer Nights


アルゼンチン出身のSilvio Gazquez氏。イントロはかなり変態的な音階で始まる。

マイスペースの方ではションレーン風な曲も聴けておすすめ。





10.Gustavo Di Padua - 2008


前大会2008に出場組のGustavo Di Padua氏。今回はワーミー+しっとり(静と動)の楽曲。

イントロリフはかなり勢いが出ます。途中のワーミーもかなり効果的ですね。





11.Alexandros Tefarikis - Opus 8


ベートーベンの運命を連想する曲。5〜6弦スウィープ+クラシカルな速弾きが満載。ギターの苦しい泣きが聞ける。





12.Muris Varajic - Final Dance


前大会(2008)にも出場組のMuris Varajic氏。今回はプリングを多用した楽曲で登場。





ギターアイドル2009出場者関連サイト

さらに詳しくファイナリストの音源を聞きたい方はマイスペースの方も聞いてみましょう!

 

 


最後に‥


今回のギターアイドル2009は、前回より決勝に進める人数が増えてかなり見ごたえあります。


2009の出場者の中で個人的に好きなのは、今回の優勝者でもある5番の人ですね。今回はダントツで曲のわかりやすさとテクニックのバランスが良かったと思います。ギターアイドルに出場する人はすでにテクニック的には言うことないツワモノばかりなので、最終的に曲のセンスになってきますね。


ちなみ誰が最終審査しているのかわかりませんが、毎回決勝進出者のジャンルが被らずに上手いこと分かれるのが気になります^^


今回は、タイ出身の人が優勝したのでギターアイドル的にはアジア圏として1勝1敗ですかね。


来年こそ、日本人の決勝進出者を見たいです‥。


>>楽天市場の楽器屋

楽天の楽器コーナーでのギターの中古品が探せます!